BODICE 2022 FALL&WINTER

ランド オブ トゥモロー 丸の内店に〈BODICE〉の新作が入荷しています。

デザイナーRuchika Sachdeva氏が2018年にスタートしたブランド〈BODICE〉。
サスティナブルな天然素材と伝統的なインドのテキスタイルを用いたコレクションは、インドの職人技術を新しい手法でデザインに取り入れることを最も大切なブランドの哲学としています。
繊細なディティールやプリーツ加工は〈BODICE〉のシグネチャーであり、インドの贅沢で伝統的なクラフツマンシップのテクニックにアプローチしています。

ONE PIECE:¥121,000(tax in)
幾重にも重ねたパイピングプリーツが、動くたびに優雅に揺れてとても美しいです。
シルエットは細身ですっきりとしていますが、プリーツ加工で生地をたっぷりととってあるため、身体に緩やかに沿うような着心地です。
白・ベージュをベースにブラックのラインがぴりりと効いて、優雅のなかにもシャープな印象がほど良く取り込まれております。

ONE PIECE:¥90,200(tax in)
ハリのあるコットン生地の特性を活かして、袖や裾を立体的なバランスにし、黒地にベージュのハイピングを効かせてミニマムでジオメトリックなデザインになっております。

TOPS:¥69,300(tax in)
SKIRT:¥53,900(tax in)
植物染めで仕上げられたブラウスは、サージグリーンをベースにサックブルーのラインが冬のパステルカラーのようでニュートラルで穏やかな色合いです。
デニムのスカートはセルビッジをイメージさせるステッチワークが光るデザインになっております。
高めに設定された切り替え位置が身体をすっきりと綺麗に見せてくれます。
ライトオンスで軽い仕上がりになっておりますので履き心地も良く、合わせるアイテムを選ばずにエレガントに着ていただける一品です。

〈BODICE〉のクリエイションの特徴の一つとして、化学処理を施さない植物染めを使用していることです。
染めに使用している植物は成長が早くコンポスト化が可能で、とてもエコロジカルな染色法になっています。
なかでも”アーユルヴェーダ染め”という伝統医学アーユルヴェーダに基づいて薬草や木の根を医師が調合して布を染色する伝統的な技法を使用しています。
多くのスパイスを使用した布を纏うことで、皮膚病予防、快眠、免疫力の向上に期待できるといわれています。

アーユルヴェーダに基づいて、ケミカルフリーで仕上げられた天然素材の〈BODICE〉の服は、環境に優しいだけでなく、体や健康にも多くのメリットをもたらし、次世代のファッションを見据えたブランドとして大きく成長していくことを期待されています。

丸の内店ではオンライン接客やWEB決済も承っております。
オンライン接客の予約方法等詳細についてはこちらをご確認ください。

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

Instagramland_of_tomorrow 

ランド オブ トゥモロー 丸の内店
千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビル ブリックスクエア

TEL:03-3217-2855 
Open.11:00 / Close.20:00
Instagram: @tomorrowland_marunouchi


ランド オブ トゥモロー 心斎橋パルコ店
大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
心斎橋パルコ北館3F

TEL:06-6252-9797
Open.10:00 / Close.20:00

Instagram:@tomorrowland_osaka