MENS

PARIS

オーストラリアのメルボルンで生まれたマーティン・グラントは、16 歳で初めてのコレクションを発表。若く類い稀なその才能はオーストラリアのファッション業界ですぐに認められ、4 年後にはコアントロー・ヤング・デザイナー・アワードを受賞します。

マーティンは自分の世界観を大切にし、大々的なPRなどはせず、コレクションの発表もごく少数の顧客に向けて行う手法を取っています。

常にビスポーク・テーラリングが中心にあり、細部までこだわったシンプルなシルエットは、流行に左右されません。

身体の線に沿ったフォルムは幾何学的で、彫刻的とさえ評されます。