BRAND LINE UP MENS

  • STALL / ¥68,000
  • COAT / ¥133,000 KNIT / ¥73,000 PANTS / ¥46,000
  • COAT / ¥170,000
  • KNIT / ¥55,000
  • PANTS / ¥46,000
  • PANTS / ¥46,000

KOLOR JAPAN

今シーズンの kolor がテーマとして挙げている「破壊」「マウンテニアリング」「ドッキング」。穴がたくさん空いてボロッとした感じのニットには花柄の裏地を合わせてエレガ ントに、マウンテニアリング調のディテールはアウターやボトム、小物にふんだん に使われています。そして複数のアイテムを組み合わせて構築したアウターやニッ トは独特のニュアンスを感じさせます。シルエットはボリューミーで大きめなアイテムが多く、カラーパレットはネイビー やグレーをベースに、ビビッドなレッドやパープル、グリーンを合わせています。また、今回LAND OF TOMORROWの10周年に合わせ、〈kolor〉との別注アイテムをリリース。今シーズンのインラインでも使用されていたダッフルコートを〈kolor〉の定番とも言えるウールカシミヤメルトンで仕上げました。ショート丈にトレンド感のあるゆったりとしたシルエット、大き目のトグルボタンなど、リラックス感のあるカジュアルスタイルを演出してくれます。

  • COAT / ¥194,000
  • PANTS / ¥38,000
  • JACKET / ¥104,000
  • COAT / ¥194,000
  • PANTS / ¥49,000

E.TAUTZ UK

1867年にエドワード・トウツが紳士向けスポーツウェアとして、ロンドンでスタートさせたメンズブランド。2009年にクリエイティブディレクターに就任したパトリック・グラントによってハイセンスなファッションブランドとして確立し、サヴィル・ロウならではの洗練されたスタイルを軸に、コンテンポラリーでエッジの効いたコレクションを発表しています。今シーズンは、ゆったりとしたシルエットにブルー、イエロー、グリーンなど発色の良いカラーが特徴。コアラインと言われるブランド定番のシャツやツータックのテーパードパンツに加え、クラシックな柄を施したジャケットとポロコートを展開します。また、LAND OF TOMORROWのエクスクルーシブアイテムとして英国らしい強撚ウール地を使用したカジュアルセットアップを9月下旬にリリースする予定です。

  • COAT / ¥227,000
  • COAT / ¥227,000
  • KNIT / ¥57,000
  • KNIT / ¥73,000
  • KNIT / ¥151,000

DRIES VAN NOTEN BELGIUM

「未来への郷愁」をテーマとした今シーズンは、次世代へのテーラリングについての見解を示しています。コレクションに彩りを与えるのは、様々な色彩を織り交ぜたタイダイ・プリント。パープルやオレンジ、グリーンなどを大胆に重ね、複数のカラーが混在しているにもかかわらず奇抜な印象に仕上がらないのは、テキスタイル上のモチーフを左右対称に並べた規則性が存在するから。ブランドならではの緻密に計算されたシルエットによって、気品を残しながらも新しい解釈で伝統のスタイルを再構築しています。LAND OF TOMORROWでは彩りのあるカラーパレットのコレクションの中から、モノトーンのタイダイを中心に、テーラリングアイテムを多く展開しています。

  • BLOUSON / ¥180,000
  • SCARF / ¥51,000

JIL SANDER ITALY

2019年秋冬では、メイヤー夫妻がクリエイティブ・ディレクターに就任後初のメンズ・ランウェイショーを開催。ジルサンダー自身が手掛けていた当時のミニマリズムを継承しつつ、ミリタリーやワークウェアから連想されるボリューム感やディテールを軸にコレクションを展開します。伝統的なネイビー・バーガンディ・ホワイトのカラーパレットにより、都会的で清潔感のあるアイテムを年代を超えた特別なワードローブとして再提案しています。LAND OF TOMORROWではネイビーを軸に、適度なオーバーサイズのカジュアルテーラリングと、ここ数シーズン人気の高まっているレザーグッズをご用意しています。

  • KNIT / ¥132,000
  • COAT / ¥166,000
  • COAT / ¥242,000
  • COAT / ¥173,000

NAMACHEKO SWEDEN

イラクのキルクーク出身で、スウェーデンで育ったディラン・ルーとレザン・ルーの兄妹が、2017年秋冬シーズンに立ち上げたブランド。クルド民族のアイデンティティーとアートに精通する彼らによる独自の表現は、色使いが艶やかでクリーンな印象を与えます。今季も建築的感性や現代社会への独自のアプローチを技術的にコレクションに落とし込み、創造力や遊び心が生み出す可能性を特徴的に打ち出しています。アートへの強い関心を鮮明に表し、また同時に構築的な組み立てを施すことでコレクション全体がより洗練されたまとまりを見せています。

  • JACKET / ¥200,000
  • DOWN JACKET / ¥221,000
  • SHIRT / ¥35,000 NECKTIE / ¥19,000(each)
  • SHOES / ¥101,000

THOM BROWNE. USA

毎シーズン異なるテーマでその世界観を表現し、ファッションシーンに強い影響を与え続けているブランド。今シーズンはグレーとホワイト、レッド、ブルーといったカラーパレットにブランドのアイコニックカラーのチェック柄を採用した〈THOM BROWNE.〉らしいトラディショナルなムードを感じさせます。LAND OF TOMORROWでは、ブランドの定番のシャツ、スーツをはじめ、カジュアルなボンバージャケット、ダウンベストをご用意しました。また、10月にはLAND OF TOMORROWでは初となるMTM(made to measure)を開催予定。スーツ、ジャケット、シャツ、コートなどのパーソナルオーダーをご提案します。

  • SHOES / ¥159,000
  • SHOES / ¥130,000

MANOLO BLAHNIK UK

カナリア諸島生まれの 〈MANOLO BLAHNIK〉は、その名を耳にするだけで究極のラグジュアリーシューズを思い浮かべてしまうほど、クラシカルでエレガントなフットウェアデザインの代名詞となっています。 スティレットにこだわる彼の作品が一躍注目を集めたのは 70 年代。以来、そのスマートでタイムレスな造形や 幅広いカラーパレットは、とっておきのファッションアイテムとして愛され続けています。これまでも小規模でメンズラインを展開していましたが、メンズコレクションが本格的にスタートした2019年春夏より、ウィメンズ同様シーズンごとに新作コレクションを発表しています。LAND OF TOMORROW では ブランドのアイコンでもあるビジューを施したベルベッド素材のスリッポンをはじめ、キルトが付いたローファーなどデザイン性の高いシューズをラインアップしています。

  • SHIRT / ¥89,000
  • SHIRT / ¥51,000
  • SHIRT / ¥42,000

LEMAIRE FRANCE

クリストフ・ルメールとサラリン・トランが共同でデザインを手掛けるブランド。今シーズンはテーラード、ミリタリー、ワークからなるメンズの定番服をブランドらしい緩やかなシルエットで表現しました。また、モノトーンを基調とし、ブラウン、オリーブ、バーガンディーといった秋冬らしいカラーパレットでエレガントなスタイルを提案。今回LAND OF TOMORROWの10周年に合わせて、ブランドとの初の試みとなる別注アイテムを展開いたします。(9月下旬店頭展開予定)〈LEMAIRE〉のワードローブで象徴的なアイテムのひとつであるカフタンコートをカーキのメルトン生地で仕上げました。ロング丈で丸みのあるシルエットにシックなカーキ色のファブリックがモダンな印象を演出してくれます。

  • BAG / ¥552,000
  • BAG / ¥303,000
  • BAG / ¥276,000

MARK CROSS USA

ボストンに創立されたマーク クロス社は、1845年にラグジュアリー分野の高級レザーグッズの生産をスタート。 創立者はヘンリークロス、〈MARK CROSS〉というブランド名は息子のマーク・クロスから名付けられました。 バッグには最高級のレザーを使用し、ブランドの象徴ともいえるヘリテージのDNAを反映しています。 LAND OF TOMORROWでは、黒にフォーカスしたセレクト。ラグジュアリーなキャリーケースやバックパック、 ボディバッグなど、世界を舞台に活躍する方へご提案できるラインアップをご用意しています。

  • STOLE / ¥43,000 (each)
  • STOLE / ¥43,000 (each)

NORLHA TIBET

2007年に設立。チベットの洗練された文化と環境維持の可能性を示し、優れたテキスタイルを提供する世界でも数少ないブランド。彼らの作るストールはHERMESにも認められ、世界中のラグジュアリーマーケットにおいても高い評価を得ています。彼らの使用するヤクの毛は“ダウン”と呼ばれるほど柔らかく、1頭のヤクから100gしかとることができません。ヤク毛の特徴として、毛にうねりを持っておりカシミアと比べ圧倒的に保温力が高い点が挙げられます。多くのメゾンブランドを手掛ける上でも、現地に根付いた伝統的な技術に基づき生産を続けており、品質に基づいた存在感やファッション性は他に類を見ません。

↑